勧誘方針・販売方針

勧誘方針

■金融商品の販売等に際して、各種法令等を遵守し、適正な販売等に努めます。

・販売等にあたっては、保険業法、金融サービスの提供に関する法律、金融商品取引法、消費者契約法及びその他各種法令等を遵守して参ります。

・お客さまに商品内容を正しくご理解いただけるよう説明内容や説明方法を創意工夫し、適正な販売・勧誘活動を行って参ります。

・保険金の不正取得を防止する観点から、適正に保険金額を定めるなど、適切な保険販売を行うよう努力して参ります。

■お客さまの金融商品に関するお客さまの知識・経験、契約目的、財産の状況等を総合的に勘案し、お客さまの意向と実情に応じた金融商品の販売等に努めます。

・保険販売等においては、お客さまを取り巻くリスクの分析やコンサルティング活動等を通じて、お客さまの意向と実情に沿った適切な最大限配慮した商品設計、販売・勧誘活動を行って参ります。

・また、お客さまのご経験、ご契約目的、財産の状況等を勘案し十分把握したうえで、商品内容やリスク内容等の適切な説明を行って参ります。

・お客さまに関する情報については、適正な取扱いを行い、お客さまの権利利益の保護に配慮して参ります。

■お客さまへの商品説明等については、販売・勧誘形態に応じて、お客さま本位の方法等の創意工夫に努めます。

・販売・勧誘活動にあたっては、お客さまの立場に立って、時間帯や勧誘場所について十分に配慮して参ります。

・お客さまと直接対面しない販売等を行う場合においては、説明方法等に工夫を凝らし、お客さまにご理解いただけるよう常に努力して参ります。

■お客さまのご意見等の収集に努め現状を把握し、また、お客さまの満足度を高めるよう努めます。

・保険契約について、万が一保険事故が発生した場合におきましては、保険金の請求にあたり適切な助言をして参ります。

・お客さまの様々なご意見等の収集に努め、その後の金融販売等に活かして参ります。

令和3年11月1日
有限会社 松山保険事務所

保険商品の販売方針

当社は、以下の通り販売方針を定めます。

損害保険ジャパン株式会社(以下、「SJ」といいます。)

SOMPOひまわり生命株式会社(以下、「HL」といいます。)

第一生命保険株式会社(以下、「DL」といいます。)

1.損害保険・生命保険【SJ・HL・DL委託の場合】

損害保険SJの商品を推奨する
生命保険当社は原則として、取扱いが多く事務処理に精通している
HLの商品を推奨する

ただし、以下の場合はSJの商品、DLの商品も比較し、説明を行う
➀医療保険に加入の意向がある場合
②介護に備える保険に加入の意向がある場合
また、以下の場合はDLの商品と比較し、説明を行う
③法人が契約者となる生命保険に加入の意向がある場合
④従業員を被保険者として法人が団体契約に加入の意向がある場合
⑤特定疾病の罹患に伴う診断給付金や死亡保険に加入の意向がある場合
⑥終身死亡保険、養老保険に加入の意向がある場合
⑦生存給付金付き保険の加入の意向がある場合
⑧変額保険に加入意思がある場合

以下の場合はDLの商品のみを推奨する
⑧学資保険に加入の意向がある場合
⑨お客さまが個人年金保険料控除対象商品に加入の意向がある場合

令和3年9月15日
有限会社 松山保険事務所

お問い合わせ